日本肝臓病患者団体協議会主催

世界の肝炎患者と手を携え、すべての肝炎患者に社会的支援を!!

第3回世界・日本肝炎デーフォーラムを開催

肝炎患者のみなさん・ご家族のみなさん、医療関係者のみなさんもふるってご参加ください

 世界保健機構(WHO)の呼びかけにより、厚生労働省は毎年7月28日を「世界・日本肝炎デー」に設定し、肝炎の蔓延防止、差別偏見の解消、感染予防など啓発活動を実施するよう呼びかけています。日肝協は患者団体として独自の「肝炎フォーラム」を7月27日に開催します。肝炎の現状や問題点を市民のみなさんと一緒に考えます。

日時:2014年7月27日(日)午後1時~4時半
会場:中央大学駿河台記念館
   (JR中央線、総武線御茶ノ水駅下車 徒歩3分)
アクセス


<当日のプログラム>
開会式 主催者挨拶、来賓挨拶、メッセージ披露
講演1「肝炎患者が知っておくべき感染の話」
      講師 四柳宏先生 東京大学医学部付属病院感染症内科
講演2「B型C型肝炎・肝がん あなたが受けるべき治療とは?」
      講師 泉並木先生 武蔵野赤十字病院 副院長、

申込:、入場無料・定員300名。電話かFAX(チラシの裏面)にて申込ください。
< <お申込みが定員を超えましたので、受付は終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました>>


主催・申込:日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)
 161-0033 新宿区下落合3-14-26-1001
 電話 03-5982-2150(祝祭日を除く火~土曜日 10:00~16:00)
 FAX  03-5982-2151

後援:厚生労働省、東京都、一般社団法人 日本肝臓学会、読売新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社

世界・日本肝炎デーフォーラム