第1回世界・日本肝炎デーフォーラム

20120728day


 昨年、世界保健機関(WHO)が毎年7月28日を「世界肝炎デー」として各国で肝炎の啓発活動をしようと呼びかけました。厚生労働省もこの日を「日本肝炎デー」に設定しました。国際的な肝炎患者の団体である世界肝炎アライアンス(WHA、事務局・ロンドン)に加盟している日肝協は、世界の肝炎患者と手をつなぎ、感染予防、差別・偏見の解消、「すべての肝炎患者に支援を」をスローガンに「肝炎フォーラムを開催します。肝炎の現状と問題点を市民のみなさんと一緒に考えます。

日時:2012年7月28日(土) 午後1時から5時
場所:JICA「地球ひろば」(渋谷区広尾)
   (地下鉄日比谷線広尾駅3番出口下車1分、*駐車場はありません)
参加費:無料、定員200名(どなたでも自由に参加できます)

申し込み:電話、はがき、FAXのいずれかで住所、氏名、電話番号希望人数を明記の上、下記「日本肝臓病患者団体協議会」までお申込ください。

< 当日のプログラム>
開会式 主催者挨拶、患者の訴え、来賓挨拶、メッセージ披露
第1部 「アンケート調査から見える肝炎患者の実態」
    報告:日肝協常任理事 米澤敦子氏
第2部 講演
1.「肝炎問題の本質と今後の肝炎対策」
講師:鈴木利廣先生 弁護士、薬害肝炎訴訟全国弁護団代表、明治大学法科大学教授
2.「世界の肝炎事情、肝炎治療の最新情報」
講師:正木尚彦先生 国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究肝炎情報センター長

主催 日本肝臓病患者団体協議会
〒161-0033 新宿区下落合3-14-26-1001
TEL 03-5982-2150(祝日を除く火曜日~土曜日の10:00~16:00)
FAX 03-5982-2151


後援 厚生労働省、東京都、(財)ウィルス肝炎研究財団、財団法人日本肝臓学会、
    読売新社、朝日新聞社、毎日新聞社

20120728kanen-day

 

 



当日の来賓予定者(順不同、敬称略)
世界肝炎アライアンス会長チャールズ・ゴア
薬害C型肝炎訴訟原告団東京代表浅倉美津子
B型肝炎訴訟原告団全国代表谷口三枝子
厚生労働省肝炎対策推進室室長北澤潤
社団法人 日本肝臓学会理事井廻道夫
民主党民主党最高顧問菅直人
自由民主党衆議院議員田中和徳
公明党衆議院議員赤松正雄
日本共産党参議院議員田村智子
社民党衆議院議員福島みずほ
衆議院議員福田衣里子