(公財)宮川庚子記念研究財団 第18回肝臓病医療講演会

この1年間のB・C型肝炎治療

-終焉をむかえるC型肝炎治療とHBs抗原消滅を目指すB型肝炎治療-

日時:2013年9月7日(土) 午後1:30~4:30(開場午後1:00)
会場:日本薬学長井記念ホール
   渋谷区渋谷2-12-15 電話 03-3406-3326

< プログラム>
挨拶:宮川庚子記念研究財団 理事長
講演:「この1年間のB・C型肝炎治療」
   -終焉をむかえるC型肝炎治療とHBs抗原消滅を目指すB型肝炎治療-
     虎の門病院分院 分院長 熊田博光先生

参加費:無料、定員300名
申込み:事前登録制です。電話、はがき、FAXにて住所、氏名、電話番号希望人数を明記の上、お申し込ください。お申し込みがない場合ご入場いただけないこともございますのでご了承ください。

申込・お問い合わせ:特定非営利活動法人 東京肝臓友の会
〒161-0033 東京都新宿区下落合3-14-26-1001
TEL 03-5982-2150(火~土:10時~16時、祝祭日のぞく)
FAX 03-5982-2151


主催:(公財)宮川庚子記念研究財団
   港区南青山2-19-8 電話 03-5414-8581
後援:東京都福祉保健局、渋谷区、港区、
   渋谷区医師会、港区医師会
協賛:特定非営利活動法人 東京肝臓友の会

20130907