肝炎患者のおかれた状況について考える公開シンポジウム

厚生労働行政推進調査事業補助金(肝炎等克服政策研究事業)
「肝炎ウイルス感染者の偏見や差別による被害防止への効果的な手法の確立に関する研究」


日時:2018年12月16日(日) 13:00-15:00 (会場12:30)
場所: フクラシア東京ステーション 5F会議室H
     JR[東京]駅・地下鉄[大手町]駅 地下直結
     JR[東京]駅・日本橋口徒歩1分

  肝炎ウイルス感染者の偏見や差別による被害防止への効果的な手法の確立に関する研究班では、肝炎対策基本指針において、肝炎患者等が不当な差別を受けるとなく社会において安心して暮らせる環境づくりを目指すとしており、そのための具体的・効果的な手法の確立を目指した研究をおこなっています。
  今回、一般市民、肝炎患者、医療従事者の方を対象として、肝炎患者の偏見や差別についてともに考える公開シンポジウムを下記のように開催いたします。
関心のある方に参加いただきたく思います。

研究班代表 八橋 弘
(国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター長)

プログラム
■ 開会挨拶  八橋 弘
■ 司会     四柳 宏(東京大学医科学研究所 教授)
   ・研究班報告  八橋 弘
   ・差別や偏見に関する相談事例の紹介 米澤 敦子(東京肝臓友の会 事務局長)
■休憩(13:40-14:00)
■14:00-14:55 パネルディスカッション
 ・司会 八橋 弘
 ・パネリスト
    四柳 宏
    中島 康之(全国B型肝炎訴訟大阪弁護団 弁護士)
    米澤 敦子
    梁井 朱美(全国B型肝炎訴訟九州原告団)
    及川 綾子(薬害肝炎全国原告団)
    浅井 文和(元朝日新聞編集委員)
■閉会挨拶 八橋 弘

参加費無料、申込不要、先着200名
※事前の申込は不要ですが、座席に限りがあるため、先着200名に限定させて頂きます。

問い合わせ
独)国立病院機構 長崎医療センター 肝疾患相談支援センター
受付時間:平日(9:30-15:00)
TEL:0957-52-3121(代) 内線番号:5096 担当:富永