今回は、厚労省「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班のメンバーであり、⾃⼰免疫性肝疾患にお詳しい菊池健太郎先⽣をお招きし、患者交流の輪に加わっていただきます。個別相談ではありませんが、交流会のなかで先⽣に相談もできます。
 患者だけの交流タイムもありますので、楽しくおしゃべり&情報交換しましょう︕
 皆さまのご参加をお待ちしています。初めての方も大歓迎です。

☆PBCの病名が「原発性胆汁性胆管炎」に変更になりました。
詳しくはこちら(PBC の病名変更:「原発性胆汁性肝硬変」から「原発性胆汁性胆管炎」へ)を参照ください。

 日時:2017年10月22日(日) 13:00~16:00 (12:30開場)
 会場:東京都難病ピア相談室
   (場所は旧東京都難病相談・支援センターです。名前だけ変わりました。)
     地下鉄日比谷線広尾駅 徒歩3分(2番出口)
 講師:帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科 准教授 菊池健太郎先生

 ☆申込は不要です。参加費も無料です。当日は直接会場にお越しください。







最新の、会報217号(4月号)(2016年4月23日発行)の特集は、講演「自己免疫性の肝臓病 ~現状と将来的展望~」になります。

部会につては、こちら(PBC・AIH・PSC部会の紹介について)を参照してください。